忍者ブログ

毎度!よも助です

Home > ブログ > 記事一覧

エヴァクジジェフスカ灰とダイヤモンド 好きな女優と作品その5




五木寛之と吉田拓郎
 
 
は俺の人生に最も影響を与えた二人だが
高校の時、拓郎がパーソナリティーを勤める
オールナイトニッポンかセイヤングかパックインミュージックに
いきなり五木寛之がやってきたことがある
予定されてた出演ではなく飛び入りだった
疾風のように現れて疾風のように去っていった
俺は大興奮したが二人は互いに好感を持たなかったようだ
井上陽水とは「青空ふたりきり」という対談集まで出しているのに
その後五木寛之が吉田拓郎について触れたことはない
そんなことを後生大事に時折思い出すのは俺ぐらいのもんだと
高を括っていたわけではないが
イヤびっくりした
ついこないだ、その時のやり取りを録音したものがアップされ
俺のパソコンにユーチューブのあなたへのおすすめの欄に
突如として出現したのだ
俺が抱いた印象に修正を施す必要はないようだが
もし俺が俺でなかったらそのアップされたものが
俺のパソコンに顔を覗かせることはなかったはずだ
大変な時代になったものだがそれをどのように受け止めるのか

拍手[1回]

PR

エレンバーキンスウィッチ 好きな女優と作品その4




だからなんなんだ
 
 
これまでにここに書かれたきたものは
傍目から見れば、ぼく自身が読んでも
だからなんなんだ
と茶々を入れたくなるものがほとんどだ
それはつまりこれまでの俺の人生が
だからなんなんだ的だったんだ
ということだろう
でもまあ人生ってそんなふうなもんだろうし
だからなんなんだ!


走る酔っ払いよも助がうたう

拍手[2回]

スーザンジョージわらの犬 好きな女優と作品その3




ママチャリブルースパート3
 
   無事アパートに帰りましたか?
サラピーのヨモチャン最後のダンス楽しんで貰えたでしょうか?
   いろいろありがとうございました。
なんと久方ぶりにベッドの上でねていました。
自転車には乗ってきたんでしょうか?
これから確認してきます。
自転車ありませんでした。
リンピンから乗った記憶はあるのですが。
チェンマイ滞在30年で少なくとも15台は買いました。
ママチャリばかりではありません。
ドロップハンドルのギア付きを買ったこともありました。
1週間でなくしました。
パシフィックマンションは今もあるはずですが
地下に降りていくとカラオケ屋がありました。
裏側は広大な空き地でそこに自転車を置いて何度も通ったものです。
ジョウというメーホーソン出身のタイヤイの女がいて
そいつはちっとも美人じゃないのにその子を前にすると
条件反射のように勃起してしま うのでした。
ある時その子がトイレに行って代わりにママさんが隣についたことがありました。
ママさんは呆れた顔でおいらの股間に目をくれたものです。
ここいらが潮時です。
もう自転車は捜しません。
付記
地下へ降りていく階段は建物に向かって右端にあったが
階段をまだ降りきらないうちに吉田拓郎の「とんとご無沙汰」のイントロが
流れてくるのだった
ぼくはお馴染みだったのだ
あの広大な空き地はまさか今はないだろう
その日冗談で自転車を空き地のど真ん中にポツンと置いたのだ
例によって泥酔し起きるとちゃんと部屋で寝ている
何か食おうと下に降りるといつもの場所に自転車がない
そうだった
きのうはジョウのカラオケ屋で飲んだのだ
ぼくの記憶はめずらしくクリアーだ
ドロップハンドルの高級自転車を置いた位置までしっかり覚えている
ところがどうだ空き地のどこにもここにもそこにも
自転車の影も形もないのであった
さて、もう自転車は捜さないと格好いいことを書いたが
よくよく考えたらビザの延長に10キロ離れたプロムナーダまで
あと1度行かねばならない
というわけなので1日置いたきょうママチャリを捜し歩いた
リンピンにあった
リンピンから乗ったというぼくの記憶はどこから来て
どこへ行ってしまったんだろう


走る酔っ払いよも助がうたう

拍手[2回]

ソンドラロック愛すれど心さびしく 好きな女優と作品その2




4三銀成らず
 
 
とかいう声を聞いた気がした
惜しいところだった
もったいないことをした
もうちょっとで眠れそうだったのに
最近ユーチューブで将棋ばかり見ている
だからって4三銀成らずなんて聞こえるはずはない
眠りに落ちそうな予感に気をよくしたのはいいのだが
期待が膨らみ過ぎてそれが不安に転じ頭の奥で
4三銀とかなんとかこねくり回してしまったのだろう
この前も藤井聡太が五段昇級を賭けた順位戦をライヴで見ていた
20時には寝ることにしているので途中で止めて
床についた
しかし眠れない
諦めて起き上がりまたパソコンのスウィッチを入れる
もう一度床にはいる、やはり眠れない、再び起き上がってと
そんなことを数回繰り返し
とどのつまり4時に起きて走るのは断念しアラームを解除したのだ
藤井が勝ったのを知ったあとも他の棋戦を追いかけて
3時まで起きていた
似たような日が続いている
別に将棋を愛してるわけではない
映画を見る根気がなくなり歌を聞く元気もないので
将棋を眺めている
その時間の流れが性に合ってるようだ
藤井聡太が贔屓なのでもない
昔は先崎学のファンだったが
弱くなりすっかりふやけてしまった
ふやけてしまったから弱くなったのかもしれない
どうもこの雑文には明確なテーマがない
曖昧なテーマも見えてこない
つまり主題がない
まるでおいらの人生だ
のんべんだらりんのっぺりぞっぺり
俺の人生は過ぎてきた
人生にテーマなんぞはいらない
さて次の文章の主題は何でしょう?
という国語の設問が大嫌いだった
そんなこと書いた本人にしかわからないじゃないか
いやその当人にもわからない可能性も大いにある
主題なき曖昧な人生だからこそ
人は何とか生きていけるのではないか
めまいはすっかり良くなったが2週間走っていない
20時前に寝に入っても眠れずに起きてしまうこの頃だ
で、夜中まで将棋対局にうつつを預けている
もしかしたら、万にひとつだが
俺のあずかり知らぬところでおいらの棋力は
大幅にアップしているかもしれない


走る酔っ払いよも助がうたう

拍手[1回]

京マチ子雨月物語 好きな女優と作品その1




老いを知るということ
 
 
フルチンフリチンどちらが正しいかと調べてみたら
どちらも間違いではないそうだ
チェンマイで暮らす間気温の下がる12月1月を除けば
部屋にいる時はフルチンで過ごしている
もちろん上半身にも何も身に着けないから
滅多にないことだがドアがノックされるとうろたえる
優雅を気取っているわけではなく
インキン汗疹予防のためだが
あのしつこい汗疹の痒みを思えばまだうろたえた方がいい
この部屋にはトイレと洋服ロッカーに鏡がついているが
62歳の初期高齢者の男としては鏡はよく見る方だろう
全裸でナルシストのぼくなのについこないだまでまったく気づかなかった
それを目の当たりにした時はヤラレタって気がした
ぼくは前立腺肥大だし上の奥歯2本は抜け落ちシミはそこら中にあるし
もう起たないし頭に毛はほとんどない
でもそれって年を取れば当たり前のことだろ?
別にどうってこたあない
だが鏡に写った腋の下に毛がなくなっているのを見た時は
どうにかなっちまった
いったいいつからなんだ!
薄くなるとは聞いていたがこんなにきれいさっぱりなくなるとは
目を凝らせば産毛のような奴が数本点在してはいるが
内村航平ほど神々しくはないが
ぼくだって黒々と光り輝いていたのに
老いるってこういうことなのネ
ってことは一つ年上の額と日本語が貧相な総理大臣の腋も
すっかりハゲ上がってるわけだ
オイ!安倍、同じ腋毛レス同士仲良くやろうぜ
ぼくはホームレスになるから
君は一刻も早く隠居しなさい


走る酔っ払いよも助がうたう

拍手[1回]

PAGE TOP