忍者ブログ

毎度!よも助です

Home > ブログ

帰ろかな 北島三郎 わが人生の時の曲その31




ぼくの帰る家



は、いったいどこにあるんだろうか
只今現在姉と住んでる家で生まれたのだが
世帯主は姉でいわば同居させてもらっている
一か月後俺は沖縄へ行く
そしてそのままテント生活になだれ込むのだが
テントは家ではないだろう
ひとはひとりひとりがそれぞれに
それなりの家を持っているのではないか
いつのまにかわたくし自身の中に
建てられ居座ってしまっていた家
その軒下に横たわり安眠を貪るわたくし
そんな夢を夢見るわたくし
おいらの帰るべき家は
どうもその家らしい

走る酔っ払いよも助がうたう

拍手[2回]

PR

とんぼ 長渕剛 わが人生の時の曲その29




オイ!

トンボよ
勝手に俺の行く手を阻まないでくれ
俺は毎朝ママチャリサイクリングを2時間する者だが
ほぼコースは決まっていて
基本、車道の端っこを走っているのだが
このところトンボがやたらと多い
それも地べたに地面につまり道路にアスファルトに
列をなして、羽を休めているのか、とまっているのだ
まるで佇むように
自転車が近づいても俺を無視して
微動だにしない
とてもじゃないがよけきれない
よければ俺が轢かれてしまう
昔、群れを成してとまっていたのはたかっていたのは
電線とか屋根の上ではなかったか
そういえば国道119号線ではもう長いこと
電線を植え込む工事が続いている
オイ!
トンボよ
何とかしてくれ
さもないと
俺がお前になっちゃうぞ


走る酔っ払いよも助がうたう

拍手[2回]

プカプカ 西岡恭蔵 わが人生の時の曲その28




ほっと、凸凹


仲宗根美樹が今も健在かどうかは知らないが
川は流れる、今も流れている
河口付近は逆流もするだろうが
普段は高い方から低い方へ流れる
滞っている部分が湖であり沼池であるわけだ
だがカスピ海と琵琶湖を足したとしても
地球上の川の総流域面積には敵わないだろう
つまり地球はでこぼこってわけだ
山と海溝を考慮に入れれば
でこぼこどころかぼこでこと言っていい
俺たちはぼこでこの地球に乗っかかって
暮らしているのだ
それを思うと
すこし、ほっとする


走る酔っ払いよも助がうたう

拍手[2回]

PAGE TOP