忍者ブログ

毎度!よも助です

Home > ブログ > 記事一覧

気絶するほど悩ましい チャー わが人生の時の曲その8





転入届
 
 
の手続きをしに役所に来たのだが
係員はぼくのパスポートのページをあっちに繰り
こっちに繰りしながら15分程凝視していた
40前だろうかガタイはでかくないもののショートカットで
目がくりくりでまあ俺のタイプだ
で、言ったのだ
「帰国のスタンプはどこにあるんでしょうか?」
手渡されたぼくも己のパスポートをあっちに繰りこっちに繰り
しながら15分程目を泳がせ続けた
帰国HANEDAAP 5 APR  2018 とあるべきはずの青い丸い捺印が
ないのだった
4月4日にタイチェンマイ空港を出国し4月5日正午頃羽田空港に到着
入国した者ですが帰国のスタンプが押されていません。
パスポートコントロールで写真を撮られたのは覚えています。
私はどうすればいいんでしょうか?
TK6872543 YOMOGITA HIDEO
蓬田秀雄
同じ建物に役所と対峙する図書館のパソコンで東京の出入国管理局を
調べ上げ上記の文章をファックスで送った
もちろん住所も電話番号も控えたが電話は高い
ぼくは姉と実家に同居している
世帯主は姉で光熱費も姉に請求がいく国民健康保険料も
そして電話使用料金も姉が払ってくれている
下手な真似はできない
4月6日金曜日の午後だがなかなか返事は来ない
仕方ない決死の覚悟で電話してみる
テープの声が、「只今大変混みあっておりますお掛け直しください」
と告げる
そこで、何度電話しても繋がりません。帰国印がないと転入手続きができません。
電話かファックスでどうすべきかご教示ください。
☎0288 54 2368
どうかよろしくお願いいたします。
と書き加え再びファックスした
電話が鳴った
写真を撮られたとあるがどういうことなのかと問われる 
それはぼくの勘違いでパスポートコントロールでレンズを見つめるのは
写真を撮るためではなくパスポートと本人の認証のためなのだそうだ
少し記憶が甦ってきた
そういえばレンズに向かってチーズと言ったり手を振ったり
さらに審査官にも手を振ってニカっと笑ったりしなかったか
東京の出入国管理局は 「送られてきたファックスを羽田空港へそのまま
転送してあげる 調べるのに時間がかかるかも知れないが一両日中には
連絡がいくと思う」 と言ってくれた
翌7日念のためにぼくの方からも同じモノを出入国管理局羽田支局に送った
ついでに宇都宮出張所にもファックスしといた
夕方羽田支局から電話が入った
ちゃんと入国の記録があるので何の問題もないとのこと
ただし帰国印は一定の時間が過ぎてしまうと押すことはできないと
まあ問題ないならいいだろう
役所は月曜日まで待たねばならない
さてパソコンが使えない
おととい転入届を出しに来た時パソコン持参だったが
図書館のWi-Fiに繋がらないのだった
去年までは大丈夫だったのに
図書館は新しくなった 役所と一緒の建物日光庁舎は完成したばかり
一昨年昨年は仮設図書館だった
今日8日もう一度試してみようと図書館に来たのだが
やっぱりだめだ 館員ABCの3名もそれぞれ手伝ってくれたが繋がらない
いったいどういうことなんだ?
9日月曜日帰国印がないのなら替わりが要ると役所は言った
霞が関にある法務局官房秘書課とやらに出入国記録の開示を請求することになった
これは予想していたことだ
ぼくは前に一度出入国記録の写しを郵送してもらったことがある
国民年金を受給するには300ヶ月必要だが
オヤジが俺に無断で勝手に支払ったのは220であと80足りない
だが外国にいた間はカラ期間として上乗せが効く
それをパスポートで証明しなければならないのだがぼくは二度
パスポートを失くしている
そこで開示請求をしたのだった
お陰様で299ヶ月を満たし残り1ヶ月分1万5千円をキャッシュで払い
おととしの8月からミミズの小便程の額だがめでたく受け取っている
写しが送られてくるまでには2週間以上かかるが
写しが着いたらすぐ出頭するってことで転入手続きは無事済んだのだった
さてさてパソコンだが今政府の政策に反発して学生や労働者がデモを繰り広げる
ニカラグアで日本語を教えている姪がその昔ぼくんちから歩いて2分30秒の
東武日光駅へスマホをいじりに通っていた姿がいきなり啓示のようにでんぐり返ってきた
早速パソコン担いで駆け付ければ何のことはない簡単に繋がった
図書館は新しくなったがWi-Fiの電波は弱くなったツーことだ
出入国記録の写しはまだ届かない
タイへ転出する際に一時返却した通知カードの再発行手続きもまだ終わらない
事あるごとに労働は罪悪とうそぶいている俺だが
今年もまた例によって江戸川区立林間学校で働くことになった
提出書類に個人番号を記入しなければならないので
役所に教わりに行ったのだが
「教えられない 個人番号が記載されている住民票を取ってもらうしかない」
と言われた
それには200円掛かるのだ
かように人生はパソコンは悩ましい
近頃悩ましいという日本語が津々浦々で流行しているが
広めたのはおそらく羽生善治だ
あの藤井聡太もインタビューを受けて
「高校生活は将棋のいかなる局面よりススンデ悩ましい限りです」
と答えていた
そうだった チャーというギター弾きがふた昔前
世の中は気絶するほど悩ましい
とかなんとかうたっていた


拍手[3回]

PR

夜と朝のあいだに ピーター わが人生の時の曲その7




夜と朝のあいだに
 
 
的な言い方には
昨日と今日の間
冷静と情熱のあいだ
などなどいろいろあるが
昨日と明日の間 は
井上靖の小説で映画化もされた
朝飯と昼飯の間に
10時のおやつはあり
GとIの間に
Hがあり
明治と昭和の間にあるのが
大正だ
さて群馬と埼玉と茨城と福島の間にあるのは
栃木県
海と海の間に
日本はあり
天と空の間
はたまた星と星との間に
地球がある
そして無と死の間あるいは
無と無の間あるいはまた
死と死の間に

拍手[2回]

日光市の歌 尾瀬ひかる わが人生の時の曲その6




市制15周年
 
 
を記念して「日光市の歌」の歌詞が公募され
選ばれたのがぼくノだった
だが平成の大合併のどさくさに紛れて誕生した新日光市のおかげで
それはナキモノとなった
船村徹が作曲し尾瀬ひかるが歌ってレコードにもなったが
買わなかった
作詞者の欄は日光市歌制定委員会となっていて
ぼくの名前はなかった
コロムビアの専属作詞家二条冬詩夫が補作したモノはまったくのベツモノで
同じ部分はああ日光の一節だけだった
ぼくが半世紀前に書いたモノは荒木一郎の「空に星があるように」を
参考にというかまっすぐな気持ちでパクらせていただいたシロモノだ
せっかくなので忘れてしまったところは適当にデッチあげ
ここに再現してみる
1、森には水があるだろう
  野には花があるだろう
  ここにあなたが住んでいる
  川の水は流れてる
  きっとあなたも流れてる
  だからみんなも水になろう
  だからみんなで花になろう
  さあもう少しあとちょっと先まで
  歩いてみよう
  ああ日光 世界の日光
2、天には空があるだろう
  地には土があるだろう
  ここでぼくらは暮らしてる
  空の星は生きている
  やっぱりぼくらも生きている
  だからみんなで空になろう
  だからみんなも土になろう
  さあもう少しあとちょっと先まで
  歌っていよう
  ああ日光 みんなの日光


拍手[2回]

คิดถึง คำภีร์ わが人生の時の曲その5




だいじょうぶマイマインド
 
 
気を抜いて心仰向ける
目を閉じてじっとそっとさからわずに
だいじょうぶ
脱力して脱色して
後頭部と両肩と尾骶骨とふたつの踵で
大地抱きしめ
だいじょうぶ
キミは悪くない ボクも悪くない 誰も悪くない
と、思ってみよう
唱えてみよう
祈ってみよう
 

拍手[2回]

PAGE TOP