忍者ブログ

毎度!よも助です

Home > ブログ > 記事一覧

out on the weekend neil young わが人生の時の曲その12




おしゃべりの時間
 
 
がやってきた
おしゃべりの時間はだいたい午前1時から始まる
ぼくは19時半に寝床に入るのだが22時までは
晩酌から導き出される尿意にひたすら耐えている
隣の茶の間でテレビを見ている姉が下水道料金を払ってくれているので
節約に協力するのだ
それでもどれほど歯を食いしばってもそれまでに最低3回は
トイレの扉を開けてしまう
尿意が収まればうまくすれば運が良けりゃ
1時間か2時間眠ることができる
さてそれからは生活保護を貰うためには世の中とどのように
対峙したらいいんだろうかとか
つまり人生いかにイクべきかみたいなことをついつい考えてしまう
嵌めになる
人生に思索に飽き疲れて
おしゃべりタイムになるわけだ
もちろん声は出さない
2階で寝ている姉におかしくなったと思われては困る
取るに足らないことを天井に投げかけ
また自分で受けるのだ
4時を待って床から這い出し
お湯を沸かしてお茶を入れ朝食へとなだれ込むのだが
大昔まだ俺が若く東京に住んでいた頃高校の後輩の
マル村バツ江と1度だけデートしたことがあった
浅草で待ち合わせ上野を歩いたのだが
その前に数回手紙のやり取りがあった
まだまだ言いたいことが言い足りないオシャベリ星より
トカナントカ
彼女は最後に必ず
ナンダカンダノオシャベリ星より
と書き添えるのだった




走る酔っ払いよも助がうたう

拍手[2回]

PR

だれかが風の中で 上条恒彦 わが人生の時の曲その11




あいつ
 
の出方がどうも気になる
どこの誰かは知らないが
まさかあいつがおいらのぼくなんてことは
滅多にも矢鱈にもないはずなんだが
確かなのはあいつはそいつでもこいつでも
どいつでもないってことよ
そんでまたマル田バツ子でもぼうさんでも
馬場当先生でもヒロヨシでもない
誰のどこかは知らないが
あいつの寝方が微妙に

拍手[2回]

待つわ あみん わが人生の時の曲その10




不眠
 
 
に悩む人があると聞く
ボクのバヤイもうだいぶ前からそしてもうしばらく
いつ寝てもいつ起きても
またその時に寝ずにその時に起きずとも
誰にも文句を言われる筋合いのない暮らしなので
真正面から不眠と向き合っている
眠れないのと寝られないのとでは
どちらが不眠の本質を言い当てているのだろうかとか
今度こそ鶴竜は二場所連続優勝賜杯を手にするだろうとか
そんなあんなを不眠の縁に
転がしている
不眠不休不朽の名作一丁上がり
ご破算で願いましては只今朝の3時59分也


走る酔っ払いよも助がうたう

拍手[2回]

風 はしだのりひことシュウベルツ わが人生の時の曲その9




風邪
 
 
の引きはじめだろうか
どうにも背中が寒いのだ
掻い巻きに包まり毛布を二枚重ね
おまけにバカ重い掛布団も落っことしたのに
どうにもこうにも寒いのだ
頭をズッポリ潜り込ませ
仰向けたり俯けたり横向けたり
捩ったりこじったりもするのだが
小腹のぐるりも寒いのだ
小腹と背中の位置関係はよくわからぬが
小腹は背中に寄り添ってはいないか
そしてそうしてこうしてああしてどうして
つつがなくゆるぎなく
小腹と背中が仲違いしませんように


走る酔っ払いよも助がうたう

拍手[2回]

気絶するほど悩ましい チャー わが人生の時の曲その8





転入届
 
 
の手続きをしに役所に来たのだが
係員はぼくのパスポートのページをあっちに繰り
こっちに繰りしながら15分程凝視していた
40前だろうかガタイはでかくないもののショートカットで
目がくりくりでまあ俺のタイプだ
で、言ったのだ
「帰国のスタンプはどこにあるんでしょうか?」
手渡されたぼくも己のパスポートをあっちに繰りこっちに繰り
しながら15分程目を泳がせ続けた
帰国HANEDAAP 5 APR  2018 とあるべきはずの青い丸い捺印が
ないのだった
4月4日にタイチェンマイ空港を出国し4月5日正午頃羽田空港に到着
入国した者ですが帰国のスタンプが押されていません。
パスポートコントロールで写真を撮られたのは覚えています。
私はどうすればいいんでしょうか?
TK6872543 YOMOGITA HIDEO
蓬田秀雄
同じ建物に役所と対峙する図書館のパソコンで東京の出入国管理局を
調べ上げ上記の文章をファックスで送った
もちろん住所も電話番号も控えたが電話は高い
ぼくは姉と実家に同居している
世帯主は姉で光熱費も姉に請求がいく国民健康保険料も
そして電話使用料金も姉が払ってくれている
下手な真似はできない
4月6日金曜日の午後だがなかなか返事は来ない
仕方ない決死の覚悟で電話してみる
テープの声が、「只今大変混みあっておりますお掛け直しください」
と告げる
そこで、何度電話しても繋がりません。帰国印がないと転入手続きができません。
電話かファックスでどうすべきかご教示ください。
☎0288 54 2368
どうかよろしくお願いいたします。
と書き加え再びファックスした
電話が鳴った
写真を撮られたとあるがどういうことなのかと問われる 
それはぼくの勘違いでパスポートコントロールでレンズを見つめるのは
写真を撮るためではなくパスポートと本人の認証のためなのだそうだ
少し記憶が甦ってきた
そういえばレンズに向かってチーズと言ったり手を振ったり
さらに審査官にも手を振ってニカっと笑ったりしなかったか
東京の出入国管理局は 「送られてきたファックスを羽田空港へそのまま
転送してあげる 調べるのに時間がかかるかも知れないが一両日中には
連絡がいくと思う」 と言ってくれた
翌7日念のためにぼくの方からも同じモノを出入国管理局羽田支局に送った
ついでに宇都宮出張所にもファックスしといた
夕方羽田支局から電話が入った
ちゃんと入国の記録があるので何の問題もないとのこと
ただし帰国印は一定の時間が過ぎてしまうと押すことはできないと
まあ問題ないならいいだろう
役所は月曜日まで待たねばならない
さてパソコンが使えない
おととい転入届を出しに来た時パソコン持参だったが
図書館のWi-Fiに繋がらないのだった
去年までは大丈夫だったのに
図書館は新しくなった 役所と一緒の建物日光庁舎は完成したばかり
一昨年昨年は仮設図書館だった
今日8日もう一度試してみようと図書館に来たのだが
やっぱりだめだ 館員ABCの3名もそれぞれ手伝ってくれたが繋がらない
いったいどういうことなんだ?
9日月曜日帰国印がないのなら替わりが要ると役所は言った
霞が関にある法務局官房秘書課とやらに出入国記録の開示を請求することになった
これは予想していたことだ
ぼくは前に一度出入国記録の写しを郵送してもらったことがある
国民年金を受給するには300ヶ月必要だが
オヤジが俺に無断で勝手に支払ったのは220であと80足りない
だが外国にいた間はカラ期間として上乗せが効く
それをパスポートで証明しなければならないのだがぼくは二度
パスポートを失くしている
そこで開示請求をしたのだった
お陰様で299ヶ月を満たし残り1ヶ月分1万5千円をキャッシュで払い
おととしの8月からミミズの小便程の額だがめでたく受け取っている
写しが送られてくるまでには2週間以上かかるが
写しが着いたらすぐ出頭するってことで転入手続きは無事済んだのだった
さてさてパソコンだが今政府の政策に反発して学生や労働者がデモを繰り広げる
ニカラグアで日本語を教えている姪がその昔ぼくんちから歩いて2分30秒の
東武日光駅へスマホをいじりに通っていた姿がいきなり啓示のようにでんぐり返ってきた
早速パソコン担いで駆け付ければ何のことはない簡単に繋がった
図書館は新しくなったがWi-Fiの電波は弱くなったツーことだ
出入国記録の写しはまだ届かない
タイへ転出する際に一時返却した通知カードの再発行手続きもまだ終わらない
事あるごとに労働は罪悪とうそぶいている俺だが
今年もまた例によって江戸川区立林間学校で働くことになった
提出書類に個人番号を記入しなければならないので
役所に教わりに行ったのだが
「教えられない 個人番号が記載されている住民票を取ってもらうしかない」
と言われた
それには200円掛かるのだ
かように人生はパソコンは悩ましい
近頃悩ましいという日本語が津々浦々で流行しているが
広めたのはおそらく羽生善治だ
あの藤井聡太もインタビューを受けて
「高校生活は将棋のいかなる局面よりススンデ悩ましい限りです」
と答えていた
そうだった チャーというギター弾きがふた昔前
世の中は気絶するほど悩ましい
とかなんとかうたっていた


拍手[3回]

PAGE TOP