忍者ブログ

毎度!よも助です

Home > ブログ > > 最近はあちこち怪我ばかりで思うように走ることができません

最近はあちこち怪我ばかりで思うように走ることができません


土踏まずエレジー
 
土踏まずはかなしい、土踏まずは土が踏めない、コンクリートもアスファルトも踏めない、踏めるのは道端に転がってる小石か犬の糞くらいのものだ
裸足で走り始めてからおいらの走力は飛躍的にアップした
走り終わったあと汚れてない部分が土踏まずだ
なのだが、洗う時、洗い落としているのは土踏まずのような錯覚に陥る
これがおいらの右足の親指だと指し示すことに躊躇はない
が、土踏まずとなるとどうもなんだかね 
検索すると足裏のアーチ形状で片足に三箇所厳密に言えば四箇所あり、なんて出てくるんだもんなあ、ただ、衝撃を吸収しバランスをとるセンサーだというのはわかる
腰から土踏まずを結ぶ二本の線がヒトの二本足走行を美しいものにしている
王貞治の一本足打法の完成は左足の土踏まずで立てたことにある、いや、土踏まずで体を支えているのだと王が意識できた時にある
おいらも着地する時土踏まずでと思うのだが土踏まずに意識を集中するのは至難の業だ、今のところ走りながら数を数えることでお茶を濁している
おいらの土踏まずはあいまいなのだ
同じようの世の中というか世の中のこともあいまいだ、世の中があいまいなのはきっと世の中のせいではあるまい、おそらく誰のせいでもない、もちろん土踏まずのせいでもない
おいらがあいまいなのはおいらのせいだが、おいらの土踏まずがあいまいなのはおいらのせいではないような気がする
土踏まずはかなしいのだ
世の中がこの世が不条理で不合理でふしだらで理不尽ででたらめでまやかしに満ち満ちていることが
あいまいな輪郭でもって、くっきりと、かなしいのだ

拍手[4回]

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP