忍者ブログ

毎度!よも助です

Home > ブログ > > 夢三題

夢三題


とりかえしのつかない夢
 
 
借りていた五万円をスーパーに行くときに使っている手提げ袋に裸のまま入れ
返しにいったのだがあがり込んで将棋を指してるうちに忘れてしまいそのまま
持ち帰ってしまったのだった
引き返そうと中を覗くとカラッポだ 底が切り裂かれている
とりかえしのつかないことをしてしまったと激しい動悸に襲われる
そこは電車の中なのだがその友人のところへ行くのに
電車になんか乗っただろうか
それで夢だと気づくのだがとりかえしのつかないことをしてしまったという
自責の念は消えない
その友人から五万円は借りていない
その友人からちょくちょくちょこまか借金していたのは遠いとおい昔のことなのだ
それなのに
うつらうつらと半睡半醒の中
しつこくひつこく執拗に必要にあくまでもかたくなに
ぼくは悔い続けている


ぼけ助の夢
 
 
年を取ると夢まで老いぼれてしまうのか
最近、多感で多汗であった頃に繰り返し見た
落下する夢と追われる夢をまったく見ない
また、まだ頻尿ではなかった時分に何度か見た溺れる夢も
22の時代々木プールで実際に溺れてからは
見ていない
話はそれるが60年生きてきて一度も夢精をしていない
それより先に暇に任せてついついしごいてしまうからだが
そんなことより
今日この頃の、還暦の声を聞いてからの夢には
躍動感がない、精彩がない
ガキの頃には確かにあったリアリテーもない
どんよりとぼやけている
ちょっとどころか大いにピンボケだ
とろとろにとろけてしまった脳ミソで
息の詰まるような夢を見たいと願うのは
厚かましいだろうか
俺達は見る夢からぼけはじめ
それが本体にのり移るのだ


常識から海へ
 
吉行淳之介やつげ義春にならって夢日記をつけようと
枕元にえんぴつとノートを用意した
さあここで今さっきの夢を書きつけるのだと起きかけたが
もすこし続きを見てみようとタイセイヲトトノエタ
夢の続きは見たのだろうか
起きたらみんな忘れてた
それなのにノートを開くと 常識から海へと一行
確かにぼくの筆跡でしるされてある

拍手[3回]

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP