忍者ブログ

毎度!よも助です

Home > ブログ > 未選択 > YAMAKUBO

YAMAKUBO


山久保<ヤマクボ>

は昔から山久保だった
俺のかあちゃんは山久保で生まれた
なもんで小さい頃何度も山久保へ行った
スイカを食い過ぎて小便をむらした
のだと行くたんびに言われた
家の横っちょには沢水を引き込んで板で囲い二段構えにした流しがあった
こぼれた水が池を作りそこへ下の姉が落っこちて大騒ぎになった
羊のいる家があった、松本さんちだ
山久保には松本と吉新しかなかった、あと阿久津が少しと
かあちゃんの旧姓は福田だが分家したからだろう
本宅は松本だ
ほんの四、五分坂を上ると土葬用の墓があった
かあちゃんのかあちゃんは俺が小学五年の時死んだ
かあちゃんのとうちゃんはそれよりだいぶ前で
金ノ助と言いつるっ禿げだった
田圃の真ん中に何かあった時に鐘で知らせる見張り塔があり
それを撞く役目であることを自慢にしていた
そんな記憶がある
中学に上がると山久保小学校の奴らと一緒になった
野球部へは吉新と阿久津が入ってきた
休みの日阿久津と一年三組の教室で待ち合わせて
将棋を指した
阿久津は五キロの山道をお握り持参でやってきた
初めは互角だったがそのうち敵わなくなり自然消滅した
同じクラスに吉新奈美という女がいた
自己紹介の時
奈美と言う名は兄がつけてくれた、わたしはこの名前を気に入ってる
とまっすぐに言った


走る酔っ払いよも助がうたう

拍手[1回]

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP