忍者ブログ

毎度!よも助です

Home > ブログ > 未選択 > (仮題)カキクケ、ケケケ

(仮題)カキクケ、ケケケ


 
 
秋の新人戦が終わると次の年の三月までカミノケを伸ばしていいことになっている
十一月十七日の将棋の日に十四歳になったぼくは手鏡を壁に吊るしてああでもないこうでもないとヘアスタイルの研究に余念がなかった
と 指先につるっとしてるのに吸いつくような感触がはしった
前頭部のド真ん中が一円玉大に禿げていた
一人で悩むのは一晩が限界だった
打ち明けるとおやじは床屋へと出向いた
生方理容店のノブちゃんは棚の奥からヘヤークロンという毛生薬を取り出した
ヘヤクロを一ヶ月で使い切ると紫電改に切り替えた
ブラシを握り締め暇を見つけては杉浦直樹にならって血が滲むまで叩いた
けれど叩けば叩くほど禿は図に乗り一円玉から五円玉にそして十円玉に旧五十円硬貨についにはピンポン玉大になった
河合病院では???光線を五分間照射したあと患部に直接注射した ペニシリン注射の何倍も痛かった
脱脂綿をあてがわれて診察室を出るのだがある時同じクラスのZさんとすれ違った
全校レベルでも五本の指に入るボーイッシュなZさんはスポーツ万能でほどなくインキンの治療で病院通いをしてるとの噂が流れた
クスリを待つ間そっと脱脂綿を外してみるとケが百本くらいこびりついているのだった
授業中は手でケを押さえいらわずにはいられなかった
いらえばいらうだけケはポロポロと教科書に落ちた
禿は粛々と進行したがケも伸びるので何とか隠し通せた
両サイドのケを真ん中に掻き集めるたこ八郎のような髪形になった
四月になり三年になった
どうにか産毛らしきものがちらほらと生え出した
顧問の市花先生はぼくが坊主にしないことを認めてくれた
その上みんなで主将は小林と決めたのに強引にぼくに直した
小林との間はあとあとまでギクシャクした
自分で拝むのが一番だからと日蓮宗の一派ショブツブッショコネンの信者である母はぼくを身延山へと連れ出した
何回乗り換えしただろう
その日は宿坊に泊まり翌日は夜が明けぬうちから母と行を共にした
せっかくなので拝む代わりに取引をした
こいつをなんとかしてくれたなら
一生結婚できなくても構わないと
一生涯誰からも愛されなくて結構日光大和観光だと
夏の大会が来た
まだ産毛の域を出なかったが一応は生えそろった
思い切り坊主にすることも考えたがしなかった
レフトの大島は納得がいかないのかいきなり帽子をひっぺがし手をケに突っ込むのだった
地区大会の上位二校が県大会に進めるのだが
となると夏休みの大半が練習で潰れることになる
負けちゃうべ そうすっぺが吉新との合言葉になった
それに勝てば県大会だという試合は1対0で負けていた
振りぬいたバットに手応えはなかったが打球はレフトの頭を越え三塁打になった
なんだよまだ息があがっているのに一球目からスクイズかよ
とスタートを切った瞬間勘違いに気がついた
先生は腰、ウエストに手を当てている
つまりウエスト 一球待てのサインなのだ
バッターボックスの大島が憮然たる表情で三本間に挟まれるぼくを見ていた
その帰り道 やったっぺマジで八百長やったんべとしつこく言うのだった
ファーストの神山も口を揃えた
円形脱毛症は癖になるらしく十八までは年に一度どこかしらがなったが慣れたせいかいずれも軽症でそれ以降は無事収まっている
取引は成立し継続中なのだ
その能力はないが仮に今一方的に契約を破棄しても
つまり結婚してももしくは誰かから愛されちゃったりしても
五十八のぼくにほとんどケはなく円形脱毛症にはなりようがない

拍手[2回]

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP