忍者ブログ

毎度!よも助です

Home > ブログ > 未選択 > 藤沢周平獄医立花登手控え 好きな小説家と作品その9

藤沢周平獄医立花登手控え 好きな小説家と作品その9




文通
 
 
ぼくの初めてのデートの相手はマル田バツ子ではない
文通相手のMさんだ
高校1年の夏休みだった
送り付けた「しあわせ」という詩が「小学6年生」の4月号に載った
13人の女と1人の男が文通しましょうと言ってきた
その中の4人と文通を始めた
Mさんとだけ1度長い中断はあったがずっと続いた
そろそろ会いましょうかとなった
話が少しそれるが浦山桐郎の「私が棄てた女」の中での
主人公と棄てられる女のそもそものなれそめは確か文通だった
Mさんは千葉県市原市東国吉に住んでいた
どんな道順でどのように電車を乗り換え行ったのかは忘れた
待ち合わせた駅も覚えていない
ぼくはMさんに手渡そうと刷ったばかりの詩集を持っていた
何度か述べてきたように高校に入ると詩集を作り始めた
わら半紙にガリ版刷りしたものなのだが「やぶれた風船」と称した
2冊目のやつだった
結局ぼくはそいつをぎゅうっと丸めて背もたれと座席がくっ付き合う
あの隙間へ強引に捩じ込んだのだった
なぜ、そんなことをしたのだろう
読んでもらうのがイヤになったのだろうか
そんなことはない、詩ができれば手紙の最後に添えていた
あまりにもちんけなモノなのでみっともなく感じ出したのだろうか
でもそいつを商品として堂々と売っていた
捨てるならなぜホームとか車内のゴミ箱に放らずにあんなところに押し込めたのだろう
今考えてもさっぱりわからない
文通を始めた頃Mさんの修学旅行の写真が送られてきたが
集合写真だし何年も前のものだ
自然の摂理として想像を膨らませることになる
電車からホームに降り立ち辺りを見回すぼくにおずおずと
近づいてきた女はそのイメージとかけ離れていた
じきに文通は終わるだろうと瞬時に予感した
それは相手も同じだったろう
ナントカ城址公園を歩きどこかに座ったが
昼飯は食ったのかどうか
どこでどんなふうにバイバイしたのかキレイに覚えていない
ぼくは今も昔もファッションに興味を持てない男だが
あん時の服装は目をつぶってもくっきりと甦ってくる
我ながらダサい恰好だった
Mさんはぼく以上のたくろうファンでもあった
Mさんに会う前のぼくは
彼女と連れ立ってたくろうのコンサートを聴きに行くプロセスを
幾通りも夢想したものだ


走る酔っ払いよも助がうたう

拍手[1回]

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP