忍者ブログ

毎度!よも助です

Home > ブログ > 未選択 > 池澤夏樹花を運ぶ妹 好きな小説家と作品その5

池澤夏樹花を運ぶ妹 好きな小説家と作品その5




日向ぼっこ 中学卒業を前に
 
 
感じるほどではない寒さの中でほのぼのとした太陽が全身を照らすと
気持ちのいい脱力感がある 
空は青く高く突き抜けて深い
校庭は校舎より一段低く段差は芝生のスロープで
寝っ転がるには絶好だ
校庭の向こうは若杉町であっちこっちの屋根のトタンがアトランダムに
キラリと光る
もっと向こうの国道119号は見えないが
しょうもなく聞こえてくるダンプのエンジンの唸りが
脱力感に拍車をかける
そのガソリンの切れ端だろう
風に紛れてさすらって鼻腔をくすぐるようにも思うのだ
さてさてさてさて
もうじき昼休みは終わりだが
できればこのままずっとどこまでも果てしなくこのようにこんなふうに
沈没していたいのだ

拍手[2回]

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP