忍者ブログ

毎度!よも助です

Home > ブログ > 未選択 > 寺内貫太郎一家じゃなくて

寺内貫太郎一家じゃなくて




世界に一つだけの俺の歌
 
 
俺は密かに心配してたんだ
俺が心砕いてもどうにもならないんだが
ちょっと前にどう決着がついたかは覚えてないが
小林亜星が服部克久を盗作で訴えたことがあっただろ
ああいったことが際限なく起きてしまうのではないかと
その曲のことはちっとも知らないのに
作った曲がその曲に類似してしまうってことは
あり得ないことではないだろう?
だってこの地球には70億の人間がいるんだぜ
例えば日本ではフォークブームのあとには
猫も杓子も曲作りするようになって何を隠そうこの俺だって
オリジナルが20はある
上の姉と離婚してから数年後に
地下室へと降りる階段にもたれた姿勢のまま白骨死体で発見された義兄は
6畳間の隅っこでギター掻き毟りながら歌う俺に向かって
「ヒデオ君いいかげんその雑音何とかしてくれないか」
とぬかしやがった
義兄が我が家を訪れたのは19歳年下の姉との結婚の
許しを乞おうと酩酊状態で現れた1回こっきりだから
俺が高2の時でそれが初対面だ
彼がいたいけな美少年に対して吐いたセリフを62になっても
まだ俺は覚えていたのだ
話が少しそれたがついでに言ってしまうと
大谷川河川敷ススキ生い茂る中俺はマル田バツ子を前に
ギター爪弾きながらオリジナルを4曲も歌ってしまったこともあった
結論を先に言ってしまうが
専門家を信じれば
どんなに人口が増えようが人類がどこまでも果てしなく生き延びようが
俺が心配しているようなことは起こらないんだとさ
曲は無限なんだって
そう言えば俺が作った曲に似た曲なんて聞いたことないもんな
まあ俺の曲にはリズムといったものがからっきしないので
特殊には特殊だが
数百年の歴史を持つ将棋指しの勝負に同じ棋譜が一つも
ないように人一人一人の来し方にも同じものはない
曲にも俺たちにも限りはないってことよ
ただし人間は死んじゃうがよ
でもよ
俺があした死のうがまだきょうのうちはよ
俺の前には無限の可能性が広がってるって

拍手[1回]

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP