忍者ブログ

毎度!よも助です

Home > ブログ > 未選択 > 寒くなってきたのにまだ蚊はぼくを刺します

寒くなってきたのにまだ蚊はぼくを刺します


天邪鬼から
 
 
おもてなしが流行語大賞になった
滝川クリステルというファッションマッサージの店の名前のような女に具体的な恨みはないがエラそうな顔をしたおんなだとは思っていた
新明解国語辞典第五版でおもてなしと引いても出てこないがもてなすは心を込めて客に応対する狭義では客に酒食を供することふるまいとある
歓待は心を込めてもてなすこととある
ふるまいと歓待は最早死語になってしまった
たとえばテレビ番組の中で歓待などと口走ろうものならなぜさっきのところおもてなしと言わなかったのだとその司会者や番組進行者乃至タレント否バラエテーラーはクビになるだろう
ソチオリンピックパラリンピックを見た
恩返し感謝集大成元気勇気という言葉で煮えたぎっていた
いったい元気とか勇気はあげたりもらったりするものなんだろうか
借りた金は返すべきだが受けた恩は胸の深くにしまいこみ墓場まで持っていくのが筋なのではないか
人間をひとりきりにすると気が狂うらしい
人間は一人だけでは生きていけないのは確かだし自分は生かされているのだと思える刹那もある
感謝の気持ちは何よりも大切なものだろう
だがそういった本音は退化した尻尾に絡めておくくらいが丁度いいのだ
公共のテレビで全国ネットで涙うるうるで公言しちまったら
その瞬間本音は所信になってしまう
本音と所信が合致する人間はめったにいない
はたちで横浜放送映画専門学校に入った時同級生に三十を三つか四つ超えた和田という男がいた
そいつは女を前にするともてなしてくれるなら気イ使わんと腰使うてやと馬鹿の一つ覚えのように言うのだった
その和田さんから一時間五千円のアルバイトをしないかと持ちかけられローンズワールドから五万円借りてやった
それが縁でローンズワールドとは長い付き合いになった
正月に帰省する時甥姪たちへのお年玉に事欠く時何度もお世話になった
だから海よりも懐よりも深く感謝しているが恩を返そうと思ったことはない


星影のテネシーワルツ
 
 
ゆるキャラに詳しいわけではないがフナッシーくらいは知っている
若松劇場 アラジン劇場 西船橋OS劇場と
船橋方面はストリップ小屋の宝庫だった
ぼくの二十代は生板ショウの全盛期で
その関東の雄が西船OSだった
道順も最寄の駅も忘れてしまったがいつ行っても超満員で
つごう二十回はジャンケンに参加したが
一度も勝ち上がれなかった
さあ輪になってジャンケンしてワルツを踊ろう
ヘネシーという名のウイスキーを知ったのは
横浜駅東口スカイビル地下のパブレストランで
安斎と和田さんが一緒だった
樋野さんもいたかも知れない
横浜放送映画専門学院はスカイビルにあり
この三人と親しく交わった
四十年会ってないがこれからも会うことはないだろう
ナンシー シナトラはファザコンで
荒木一郎はマザコンで
江利チエミはアル中で
千昌男の奥さんはシェパードだった
さあ輪になってジャンケンしてワルツを踊ろう
星影のテラスで今夜は踊ろう

拍手[4回]

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP