忍者ブログ

毎度!よも助です

Home > ブログ > 未選択 > 例によって泥酔または死刑は殺人です

例によって泥酔または死刑は殺人です


例によって泥酔
 
 
し 気がつくと飛行機のシートにうずまっていた
と 向こうから真っすぐに満面の笑みで女の乗務員が近づいてきてプリーズ
と なんだか見覚えあるような身に覚えもありそうな半バッシュッを差し出したのだ
足元を見ると裸足だった
この時以外にも搭乗手続きの前に泥酔し所帯道具を詰め込んだスーツケースと背負いバッグの在り処を忘れ っていうか存在を失念しまったくの手ぶらで機内に乗り込んだことが二度ある、雲の上ではビール片手にその身軽さを謳歌するのだが、地上に降りると毛抜きや洗濯バサミや果物ナイフを新たに買わねばならぬことに思いがいたり
泥酔するしか能のない我が身を嘆くのだった
かように泥酔によって失われたものは計り知れないが得たものもある
自己愛で凝り固まった自分をほんの少し客観視できるようになった
俺は俺たちなのだった
俺たちは量子よりもさらに何億倍も小さい はるかなるもの の集合体なのだ
ひとりきりの他人もひとりきりの自分も俺たちなのだ
俺たちは俺を ぼくはぼくたちを
殺してはならない 守ってはならない


殺してはならない
 
人間には金持ちと貧乏人とがいるが
位の高い人と低い人とがいるが
運のいい人と悪い人とがいるが
平等ではないが
甘えん坊も怒りん坊もいるが
死刑にする人とされる人とがいるが
いくつかの民族に分けることもできるらしいが
優劣(ちがい)はない
ぼくらにできることは
ぼくらにある権利は
死ぬまでそこにある ということだけだ
ぼくらは誰をも殺してはならない
一人一人が殺さなければ
誰一人殺される人はない
 
追記 きのうたまたまYouTubeで「ライアの祈り」という映画を見て
縄文時代が一万年続いたことに気づき
俺たちも満更捨てたもんじゃないなと安堵しました
その理由は誰もが誰をも殺さなかったから
だって
 
 
ネットカフェからつぶやき
 
 
例によって泥酔し所帯道具をなくした時パンツもパソコンも失われたそれ以降マラソンのレース情報の検索やこのサイトの更新には近くのネットカフェを利用しているここはタイのチェンマイなのでまず日本語に変換するわけだがこの手続きは自力でできるものの日本語で打ち込めるようにする手順が覚えられないそこで従業員を煩わせることになるのだがはじめは迷惑顔だった店員もこの頃はあきらめ顔で淡々とこの作業をしてくれるだから句読点を取り出すにはどうしたらいいのかと聴けるほどぼくは厚顔ではないまた句読点がこのパソコンに潜んでいるのかどうかもわからないそこでス    ペースを空けることを学習したのだが読点がなくてもスペースを空けなくても意味は通じるだろう鶏が先か卵が先かアダムが先なのかイブなのかは知らないがヒトは一人から二人になり家族を持ち集落を作りそして国家になだれ込んだのだろう国家とは戦うと興奮する遺伝子をインプットされている人間には便利なものだったろうネットがあれば地球に穴を掘り貫通させなくてもブラジル人の足の裏を舐めることはできないがその形状を知ることはできるだろうネットは世界をひとつにしたのだならばもう国家はいらないのではないか必要悪ならぼくの本籍は宇宙国地球県日本市栃木郡さくら市希望が丘字痣でいいのではないか日本語は日本市の方言でありぼくの訛りは栃木区特有の訛りなのだかように言語を一つにするのは不可能だし必要もないが貨幣は一つにしてしまおういちいちドル高だ円高だと一喜一憂しなくてすむ専門家は貨幣を統一すると経済システムが破綻するというがぼくにはその原理も道理もわからない破綻したら物々交換に戻せばすむことだ国家があってもなくても家族はあり続けるかもしれないが国家がなければ家族を守る必要はなくなる世の中のネット上のつぶやきの大半はこじつけだからぼくもこじつけちゃったりしちゃうが国家がなければ法はいらない殺してはならないというただ一つの掟を除いて正当防衛というまやかしの法律はなくなる自衛防衛をしてはならない守ってはならない守るという行為は所詮所有願望だろうテロリストと呼ばれる人たちに殺されても彼らを殺してはならないヒトはひとりきりなのだからひとりきりの他人からひとりきりの自分を守るなんてナンセンスだそもそもひとりきりの他人とひとりきりの自分に何の違いがあるのだろう

拍手[3回]

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP