忍者ブログ

毎度!よも助です

Home > ブログ > 未選択 > 佐藤愛子血脈 好きな小説家と作品その4

佐藤愛子血脈 好きな小説家と作品その4




 
夢を夢見る
 
 
10年前の自分も10年後の自分も今の自分とは別物だ
ということを何回か言った
まったくその通りで人間は俺たちはその刹那にそこに
あることでしか生きていることを証明できない
実感もできない
いくら長生きしようが10年前のいや今さっきの空気でさえ胸いっぱいに
吸い込むことは不可能だ
これまたまったくその通りなのだが
人間の人格や性格、性質や体質はそう簡単に変わるものではない
変えられるものでもない
少なくとも俺の片意地で気の小さい性質は幼稚園の時から
変わっていない
宝くじを買うと眠れなくなる
当たったらどうしようかと考えてしまうからだ
まず誰にいくらやろうかと分配方法で頭を悩ます
これだけであっという間に3時間ぐらいが経過してしまう
次に考えるのがどうやってあるいはどう言って
その時にしている仕事をやめるかということだ
正直に宝くじに当たって働かなくてもよくなったので
ではあんまりだろう
やむにやまれずこれまでに数百か所の仕事場をやめてきた
いろんな言い抜けを考えた
長野の茅野の修学旅行とかの団体客相手のホテルをやめる時には
円形脱毛症になっちゃったんで
という手を使った
癖になるのか若い頃は何度もハゲて身近な存在だったし
が、今振り返れば冷や汗ものだ
なら、見せてみろ
と切り返されたらいったいどうなっていただろう
極めつけは、耳鳴りがひどいので、だ
八丈島から目と鼻の先の青ヶ島で護岸工事に従事していた
といっても働いたのは1日だけだが
足場の上を歩くことが移動することがどうしてもできなかったのだ
この時初めてこの手を使った
耳鳴りは実際にしてもしなくても本人にしかわからない
医者だって本人がするというものを覆すことはできない
拍子抜けするほどスムーズにやめられたが
海が荒れてフェリーが出ず1週間足止めをくった
いや、宝くじに当たったらの話だった
例えば、周りのみんなと和気あいあいとやっている職場を
耳鳴りがひどいので、の一言でやめてしまっていいものだろうか
しかし虚心に正直にロト6で1億円当たりましたと申告すれば
噂はあっという間に広まって面倒なことになるだろう
いっそのこともうひと頑張りして契約いっぱい働いてしまおうか
と、そんなこんなをあんなそんな考えているうちに
夜はきれいさっぱり明けてるって寸法だ
宝くじに当たったら、って考えちゃうと眠れない
眠れないと夢を見ることができない
となれば夢を夢見るのもむずかしい
うーん、宝くじに当たったらなんて夢想はしない方がいいのかもね
でもよ、そいつが俺の唯一無二のこの世での夢なんだがなあ


走る酔っ払いよも助がうたう

拍手[1回]

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP