忍者ブログ

毎度!よも助です

Home > ブログ > 未選択 > 今年はナニ年? 今年もよろしく

今年はナニ年? 今年もよろしく


ビエンチャンアンタッチャブル パート3
 
 
ビエンチャンに観光ビザを取りに来たのだが
コトバはいらないのではないか
<ちょっと待ってくんない!>とたぶんタイ語でもしかしたら日本語で
声をかけたのは確かだと思うのだが通じなかったのか
三輪タクシーは勝手に走り出してしまった
ここだ、と言われたから降りて
しかしどうも様子がおかしいので、おい
といったら運転手は素知らぬ顔でいずこかへ走り去ってしまった
というのは嘘八百でなんにもきれいさっぱりに覚えていないので
あとからこんなふうに想像してみたのだ
タクシーに乗ったのは事実である、とは思うのだが
とにかくそこがどこなのかまったくわからない
なんで自分はこんなところにいるのか?
神隠しにあうとはこういうことなのかもしれない
もうあたりは真っ暗だ
ホテルに帰りたいがその方法がわからない
近くに灯りがあったので仕方なくそのホテルにしけこんだのだ
朝起きてポケットを探ると部屋代に900バーツ使っている
ミニバーを開けると水のボトルが2本あるだけだ
1本に口をつけフロントに行き、ビールは?
と聞くと無視された
よし、じゃあ、チェックアウトだ、とかますと
OKと即答だ、水はいくらだ?と聞いてやったら、サービスだ
と返された
そこで泊まるはずになっていたホテルの近くにある朝市場の位置を
しつこく何回も質すのだった
そこから約5キロメートル離れていた、4連泊で計1200バーツを支払い済みのホテルには無事着いたが
途中で2軒の店に引っかかりビール5本を飲んでしまった
昨夜ぼくが実際に泊まったのは900バーツのホテルで
したがって無駄になった金額は300バーツだ
だが小心者のぼくには900バーツ損したとしか考えられないのだ
愚痴はここらで切り上げる
我が心の師忌野清志郎は外国の曲に日本語をつけ原曲を凌駕させてしまう
離れ業の持ち主だが不肖わたくしめもその真似事をしたい
前のビエンチャンアンタッチャブルという詩の中で
アンタッチャブルの意味は知らないと書いた
だがニュアンスならわからないでもない、つまりアンタッチャブルは
<ちょと待っておくんなせえ、お痛をしたのは確かにこのあっしだが
ビエンちゃんとはいったいどこのどいつでえ>
とかいう意味だ

拍手[2回]

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP