忍者ブログ

毎度!よも助です

Home > ブログ > 未選択 > 乳首からちんぽへ

乳首からちんぽへ


小学生の中頃までぼくは茶の間で母と一緒に寝ていた
母の乳首をいじりながら眠った
それはいつしか自身のちんぽの先に取って代わった
ちんぽの先をポロンポロンと爪弾くのだ
母に、もう大きいのだからとたしなめられた記憶はないし
やめなくちゃと自分を戒めた覚えもない
単にちんぽの方が気持ち良かったからだろう
還暦を過ぎた今でも
あしたは早いんだから眠らなくちゃ
とちんぽをいらっている自分に気づくことがある
父が、月に何回か
きょうはとうちゃんと寝んだぞう
と言うことがあった
そんな日は塹壕遊びをした
八畳間の押入れにはたくさんの蒲団があった
それらを組み合わせて作った塹壕にひとりこもって
懐中電灯の明かりでみかんを食べるのだ
朝、目を覚ますといつもの寝床ではない
父と寝たはずなのに父はいない
水を飲もうと茶の間にいくと
父がぼくと母の蒲団で眠り呆けているのだった


走る酔っ払いよも助がうたう

拍手[2回]

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP