忍者ブログ

毎度!よも助です

Home > ブログ > 未選択 > 両国橋ブルース のたり松太郎に捧ぐ

両国橋ブルース のたり松太郎に捧ぐ




柏戸三重ノ海鶴竜
 
 
大鵬より柏戸の方が圧倒的に好きだった
柏戸の相撲はとてもじゃないが怖くて見ていられなかった
だいたい弓取り式の時間になると
隣のクメカワさんちのマサオちゃんからヒデオちゃんと声が掛かって
ついさっきの柏戸の取り口を再現するのだ
大鵬を一方的にいとも簡単に下せるのは
柏戸の左前褌取っての一気の寄り以外にはなかった
まあそんな相撲は一度しか見たことはなかったが
佐田の山の突っ張りも嫌いじゃなかった
明武谷のつり出しは色っぽかった
エホバの証人である下の姉の情報によればあの胸毛の
明武谷も証人なのだそうだ
豊国には大鵬柏戸にのど輪で勝った他は全敗つまり13敗という
すごい記録がある
北の富士と玉乃島なら盲腸炎をこじらせて
死んだ玉乃島を選ぶ
俺のおやじは何か理由があるのだろうが富士錦の
贔屓で確か一度平幕優勝をしている
そのうちにやる気のない顔をして仕切る三重ノ海が
やってきた
そうこうするうちにやる気なさそうな顔つきの鶴竜が
綱を張ってしまった
三重ノ海鶴竜の両人は左前褌取って一気の寄りの
柏戸の系譜に連なる
俺が真正面からファンになったと言えるのは
この3人だ
今相撲界はすったもんだしているが
マスコミは躍起になってそれに相乗りを図っているが
俺にひとつの提案がある
年に3度ある東京場所の1回を
モンゴルウランバートルに持って行くのだ
もっと長い目で見据えれば
ロシア場所バグダッド場所リオデジャネイロ場所ニューヨーク場所も
視野に入れている
日本の国技相撲を世界に広めちゃうのだ
カーネギーホールに土俵を拵えるのも悪くない
いつの日か相撲が世界の国技になるかもしれない
いや、この表現はちょっとおかしいか
だったら別に国技じゃなくなったっていいじゃないの
のたり松太郎
今相撲界が世の中が必要としているのは
お前のような相撲取り  人間なのだ


走る酔っ払いよも助がうたう

拍手[2回]

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP