忍者ブログ

毎度!よも助です

Home > ブログ > 未選択 > マーロンブランド男たち 好きな男優と作品その1

マーロンブランド男たち 好きな男優と作品その1




飛び火
 
 
自分で言うのもなんだがガキの頃の俺は繊細だった
研ぎ澄まされた感受性の持ち主だった
一週間に一度は死の恐怖にのたうち回っていた
大江健三郎は「芽むしり仔撃ち」の中で
内臓の押し合いへし合いとその恐怖を表しているが
内臓の外壁と皮膚溜まりの内壁の押し合いへし合いとした方が
的確な気がする
そいつは外壁と内壁の隙間を絞り上げるように
這いずり回るのだった
無論のことその恐怖は脳みそなんかで汲み取れるものではない
俺が小学三年の頃
アメリカの飛行機が北ベトナムに
枯葉剤を撒かない日はなかった
ナパーム弾を落とさない日もなかった
午後の六時台俺んちはNHKを見ることになっていた
天気予報が終われば七時のニュースになる
トップニュースは九分九厘アメリカによる北爆だ
俺はそれを見るのがイヤで素早くチャンネルを替えようとする
意地悪な二人の姉はそんな俺を面白がって押さえつけにかかる
時々俺は泣いてしまった
ベトナムの人に同情しかわいそうで泣くのではない
戦争が拡大し巻き込まれるのが怖くて泣くのだ
同じ頃東照宮の鳴き龍の入った建物が焼けた
明るくなった空が二キロ離れた俺んちの窓からも見えた
こん時も泣いた
鳴き龍の火が飛び火して俺に乗り移り焼けただれるのが怖かったのだ
飛び火といえば俺が二十四五の頃か
新宿歌舞伎町の昌平という中華料理やで出前のアルバイトをしていた時だ
飛び火になった
最初は額にバンダナなんかを巻いていたがそれじゃぜんぜん追いつかない
抗生物質で一発と聞いて病院へ行った
どうせ行くならと信濃町にあった厚生年金病院に行った
マル田バツ子がそこで働いていた
そのあと西新宿の角筈クリニックというところに移ったらしい
だがそれはあくまで噂だ また聞きだ
まだそこにいることも考えられないことではない
この年になって飛び火だなんてまだ俺が少年の心を持っている証拠さ
決めゼリフも用意していたが奇跡は起こらなかった
これってストーカー行為ではないはずだ
飛び火は一晩できれいさっぱり消え失せた
六十二歳の今、俺の感受性は月日の流れに擦り減り鈍麻し
使い物にならなくなった
死の恐怖に襲われるのも一年に一回程度で
長く続くこともない
幼かった頃は、それが永遠に続きどうにかなっちまう
新たな怯えに震えあがり
風呂場に駆け込んでは何べんも何べんも顔を洗ったものだが
当たり前だがあした死ぬ可能性は昔より今の方がはるかに大きい
そのくせ金もないのにのっぺりと快適に一日を送れるのは
すっかり麻痺してしまった感受性のお陰だ
つくづくありがたいと思う


走る酔っ払いよも助がうたう

拍手[1回]

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP