忍者ブログ

毎度!よも助です

Home > ブログ > 未選択 > トニーは生きている

トニーは生きている


トニー
 
君が死んだ時
ぼくは六歳と三ヶ月で
そんなこと、覚えてないどころか
小学六年生になるまで知らなかったが
五十七歳のきょうまでに好きになった日本の男優は
赤木圭一郎
トニーと呼ばれた君だけだ
若いのに観念したような雰囲気と
バタ臭い立派な顔が
なんだかかなしかった
こんな世の中イヤケがさして
さっさと海に帰ったんだね
君は永遠の船乗り


不良
 
 
青山杉作記念俳優養成所に入った時
最初の授業でお互いニックネームで呼び合おうということになった
赤木圭一郎に傾倒していたぼくは
どうかトニーと呼んでくれといった
俺は大将だと大将はいった
ひとみさんを主人公に蒲田狂詩曲という詩をこのサイトに書いたが
いまその人に恋をしているのだと大将に告げると
よし俺に会わせろ俺がその女を見極めてやるといった
ひとみさんは大将を評してあの人は不良よといった
それはつまりぼくは不良でないということだ
だがどんな人間だって不良時代のそのさなかに死なない限り
一生不良であり続けることはできない
いつのまにか知らぬ間に
大将は善良なる一市民となった

拍手[3回]

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP