忍者ブログ

毎度!よも助です

Home > ブログ > 未選択 > セーラー服と機関銃 薬師丸ひろ子 わが人生の時の曲その15

セーラー服と機関銃 薬師丸ひろ子 わが人生の時の曲その15




まあなんだ
 
 
キレ良く排便が完了すれば
得もいえぬ充足感に浸れるが
そしてついさっき寝る前にも
太い一本をキメたのだが
それのみならず 満足感を味わう暇なく
するするとけして少量ではない量が
するするとそれも下痢便ではないヤツが
ほんとうにするすると肛門を滑り抜けていったのだった
それはきっと薬師丸ひろ子の言う快感!以上のモノで
それをみんなに自慢したくてわかってもらいたくて
どのように説明したらよかんべかと
言葉をあれこれひねくり回しているうちに
気がつけばもう朝方なのだ
あと1時間で起きねばならぬのだが
あの刹那はこの世の終わりと向き合っていた
ような気がしないでもない
もしかしたら我が糞ったれどもは
何かしらの天地異変を嗅ぎ取って
しゃしゃり出てきたのかもしれない
同じような体験をお持ちの方なら
ジェンダー性別に関係なく分かっていただけると思うのだが
まあなんだ
うまく言えないのですが
まあなんだ
なんなんだ

拍手[3回]

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP