忍者ブログ

毎度!よも助です

Home > ブログ > 未選択 > わたしは蝶々、あなたはそよ風

わたしは蝶々、あなたはそよ風


てれび


蝶のように舞い蜂のように刺す、のはカシアスクレイだが
渥美清は<夢で会いましょう>の中で
司会者の中島~何て言ったっけ?
ええ、京子とたい子は作家だしみゆきは唄い手でらもは階段から落ちて死んだのだったが
とにかくその中島何とかという知的で詩的で見目麗しい女の周りを
「わたしは蝶々、あなたはそよ風」と両手をひらひらさせ歌いながら
飛び跳ねていた
ぼくは笑いをこらえ、「蝶々蝶々菜の葉にとまれ」
渥美清がいまにもテレビから脱け出てきそうになるのを
待ち受ける心構えをしたものだ
ところがどうしたことだろう
液晶だデジタルだとわけのわからぬうちに
テレビはだんだん薄くなりおとなしく不自由になった
もはやクレイは蝶のように舞えないし
ロープを背にして起死回生のアッパーカットを突き上げることもできない
今日日のテレビはなんて窮屈なんだ
安倍晋三のあの分厚くにやけた顔がきょうもテレビに納まっている
まるで猿芝居紙芝居だ
月光仮面の敵役にああした顔がよくあった
バラエテイー番組に出てくる芸能人はみんながみんな
卑屈に空気を読みあって好き勝手に消耗している
テレビに登場する誰もが画面を通すと
ふやけっちまう
特に安倍晋三、君は傲慢に振舞っているつもりかも知れないが
画面に透かせば卑屈退屈丸出しだ
薄さ自慢のテレビがさらに薄っぺらな安倍を日本を
もったいぶって映し出す
さようなら、テレビ君
さようなら、恥ずべきモノたち


走る酔っ払いよも助がうたう

拍手[1回]

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP