忍者ブログ

毎度!よも助です

Home > ブログ > 未選択 > よも助のチェンマイところどころから???市場

よも助のチェンマイところどころから???市場



最近取り壊され今はないが、チョタナ通りをメーリム方面に向かいチャングプアクバスターミナルを少し過ぎた右手に日用雑貨や服を売る店を集めた上記の市場があった。
ここ15年、日本の夏場やチェンマイで暮らす時は半ズボンにノースリーブの丸首白シャツという格好がぼくの定番ファッションになっている。それらすべてはこの市場で買ってきた。
ノースリーブ丸首白シャツは何社かが競合していたがBigbandブランドが断トツで、いくら着ても何度洗濯しても首周りがバカにならない。15年前は一着49バーツだったが最後に買った時は75バーツになっていた。
Bigbandはこの市場でしか売っていず、これから先どうしたものかと途方に暮れているのだが話は変わる。
顔面マッサージがマイブームだった時期がある。床屋乃至美容院で頭を洗ってもらうのもぼくの中での流行だった。10分40バーツ前後だった。また、アパートがあるのにべろんべろんに酔っ払ってホテルに泊まりマッサージを呼ぶなんてことも繰り返しした。昔若かった頃は仕事はいくらでもあり日本で働いた分はきれいに使い切っていたのだ。
もちろん普通のマッサージ店にも出入りした。だいたいビールを何本か引っかけていくのだが中に入っても「ビール飲んでいいですか?」と聞くのがお決まりだった。ほぼOKで雑貨ややセブンから買ってきてくれた。
さて、ターぺー門近くの内堀通りにあるマッサージやへ飛び込んだ時のことだ。相手の女がぼくを知っているという。オムコイ出身の彼女は???市場で店番をしていたことがありそこで何度か見かけたのだそうだ。そんなこんなですっかり意気投合し店も終わる時間だったので一緒に出て、歩いたか三輪タクシーを止めたかは覚えてないが彼女のアパートまで行ってしまった。ナイトバザールに行き着く前のごちゃごちゃっとした所で、なぜか彼女の部屋には男がひとりいたのだった。できあがっていたのでまあいいかあとそのまま寝てしまったが起きると男はいず、その代わりと言っては何だが彼女の妹がいておまけに両脇には双子の4歳くらいの姉妹が膝を抱えて座っていたのだ。双子を見比べているうちに昨夜の店に眼鏡を忘れてきたことに気づき、彼女と一緒に引き取りに行ったのだが彼女は店に入らず、つまりその日は休むことにしてぼくを待っていたのだった


走る酔っ払いよも助がうたう

拍手[1回]

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP