忍者ブログ

毎度!よも助です

Home > ブログ > 未選択 > よも助のチェンマイところどころからチェンマイラーム病院

よも助のチェンマイところどころからチェンマイラーム病院


わたくしはタイのチェンマイと栃木県は日光市の間を行ったり来たりしているよも助と申す者ですが
これまでに二度急性アルコール肝炎を患っている。許容量をはるかに超えるアルコールを体内に取り込んでしまうためだが、ぼくの許容量はごくごく普通なので大酒飲みというわけではない。
身も心もだるくなり、小便がコーラ色ナムプラー色になり、糞は脱色したように白っぽくふやける。
黄疸症状で手が目が黄色くなり、この時期にせんずりをかけばなるほど精液も黄色い。
一度目の時、これはとんでもない病気になってしまったのかもしれないと、覚悟して図書館に赴き
家庭の医学と向き合った。日光病院の担当医師にどうやら急性アルコール肝炎と思うのだがというとそれはわたしが決めるのだと一喝された。
二度目は余裕だった、ただアルコール肝炎との確認というか保証が欲しくていちいクリニックの門を叩いた。ああだこうだなんだかんだしているうちに今市病院への入院手続きが取られてしまった。こいつは酒を一か月絶ちさえすれば治るのだ。もちろんすっぽかしたがすぐさま電話が鳴って
いったいいかなる料簡なのかといちいのぼんぼんはカンカンだった。
タイで肝炎になったことはないが尿道炎ならある。膿で排尿に不都合が生じたのでチェンマイラム病院へ行った。二週間経っても改善しないのでスアンドーク病院に切り替えた。処方された薬はまったく同じなのに値段はおおげさでなくラム病院の百分の一程度なのだった。この薬を飲むと小便がイチゴジュースとマンゴジュースを足して二で割ったような色合いになる。治らなくったってかまわないから普通の色の小便をさせてくれと強く強く願うのだった


走る酔っ払いよも助がうたう

拍手[1回]

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP