忍者ブログ

毎度!よも助です

Home > ブログ > 未選択 > もう、やり過せないのなら

もう、やり過せないのなら


飽きる
 
 
ということは確かにある
この十年、日本に半年タイに半年という生活を続けている
タイに来て三ヶ月もすると飽きてきて日本に帰りたくなる
なら飽きた時点で予定を切替え帰るなり行くなりすれば良さそうなもんだが
チケットの問題とかあってそこまではしていない
河岸を変えたところでそれほど気分が変わるものでないことは
骨身に沁みている
ただ飽きるスピードは年々速くなっている
飽きるとは、あきらめる、明らかに究めることだ
ぼくはあきらかにきわめただろうか
人生とはやり過すことだろう
働いたり結婚したりじっとしていたり
やり過す方法はいくらでもある
飽きる前にあるいは飽きるという言葉そのものを知らぬうちに
逝ってしまった人たちには申し訳ないが
ぼくは正直やり過すことに飽きてしまった
人生五十年でよかったのではないか
飽きてきた頃具合よく人生が終わる
それが五十六十もひとつおまけに七十の年の頃なのではないか
五十を過ぎたら働くのを禁じ生きるのなら物乞いとして
そんな法律を作ってしまったらどうだろう
五十を超えたら人は惜しみなくスタコラサッサと死んでいって
いいのではないか
ものごころついてから、永久の命とか不老長寿を夢見たり望んだりしたことはない
そう願う人が実際にいることが、少年の頃、不思議で仕方がなかった
飽きたならもうやり過せないのなら素直にやさしく
死んでいくのもイじゃないか


走る酔っ払いよも助がうたう

拍手[1回]

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP