忍者ブログ

毎度!よも助です

Home > ブログ > 未選択 > どうもどうもやあどうもそしてほんとにありがとう

どうもどうもやあどうもそしてほんとにありがとう


ありがたや節
 
 
地球温暖化をタイ語で言うとโลกร้อนだ、人間はそれが人間の仕業と知っている
京都議定書をタイ語で言えばナントカカントカ京都だが、そのナントカカントカはどこへ行ってしまったのか
ホモ・サピエンスの誕生で地球の破滅へのスピードは一気に高まった
俺たちはボタンを掛け違えたのだ
ぼくの好物はカツ丼に牛乳だ
草食動物は草を食み、肉食動物は獲物を襲う
虎は時に人間を襲う、人間は檻を作ったが自らが入ればよかった、人間だけの土地をつくり
柵を張り巡らせその中で暮らせば、他の動物の余計な世話はやかずに済んだ
大きな魚は小さな魚を食い、雌カマキリは雄カマキリを食い殺す
犬は時々人を噛み殺す、人が犬を噛み殺した話はあまり聞かないが、人の口にそれだけの能力がないからだろう
グリーンピースのメンバーはおそらく鯨は食べず、ムスリムは豚を食べない
ぼくはベジタリアンではないが猫とイルカは食べない、いや、食べたことはない
ある人は、動物を殺しては食い荒らし植物を摘み千切っては食い散らすのに耐え切れず、拒食症になる
何教にしろ敬虔な信者に接する機会があると心底羨ましくなるのだが、神は人間が創ったのだとぼくは思っている、その邪悪さを慰めるために、その凶暴性と折り合うために
人は動物を高等動物と下等動物に分け人間を高等動物に分類したが、ホモ・サピエンスのいったいどこが高等なのか
ヒトほど嫉妬深い動物は寡聞にして他に知らない、人間ぐらい欲の皮の突っ張った動物にはいまだかつて会ったことはない、人類より殺し合いが好きな動物がこの世にいるはずはない
そしてそのことを俺たちは常に正当化肯定化してきた
疑い合い、蔑み合い、騙し合い、殺し合い、戦争に明け暮れてきた人類の歴史は必然なのだという
ならば殺されないよう背骨を畳み小さくなって目と目を合わさず世間の片隅でひっそりときょうまで殺されなくてよかったありがたやありがたやと唱えつつ生きていこう
それが人間の業らしい
ならば殺さないようストレスを溜めずそのために快便快眠を心がけ一日三合の玄米とどんぶり一杯の大根おろしを食いそれでも通じがない時は2リットルの牛乳を一気飲みし目と目を合わさず社会の底辺で眠るようにきょうまで殺さなくてよかったありがたやありがたやと感謝しつつ果てていこう

拍手[4回]

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP