忍者ブログ

毎度!よも助です

Home > ブログ > 未選択 > その旅から帰ったあと保健所に便を持って行きましたが何ともありませんでした

その旅から帰ったあと保健所に便を持って行きましたが何ともありませんでした


チブスのマーチ

俺が小学中学の時は腸チフスは法定伝染病で罹患すれば
即隔離と教わったが
30年前のタイでは「これが飲み終わる頃には熱は引いてる」
と2週間分の薬を渡されそれでおしまいだった
罹ったのは潜伏期間から逆算すれば
フィリピンルソン島バギオからジプニーで数時間で行き着いた
ナントカカントカ温泉の一軒宿だ
今はタイと日本の間を行ったり来たりしてるだけだが
30代前半はちゃんとした旅行をしていた
当時エジプト航空とパキスタン航空のバンコク行きはマニラ経由で
ストップオーバーってやつをしたわけだ
マニラからバンコクに飛ぶ日時間が有り余ってしまい
とある食堂でサンミゲルを飲みだした
するとそこの女主人がどういうわけか俺のテーブルに居ついてしまって離れない
団扇で風を送ってくれるわ、コップを空ければすぐに注ぎ足すわ
その時すでに感染していたわけだ
まずは微熱だった
解熱剤を飲み大蒜生姜を生で齧りサウナで汗を吐き出したが
徒労に終わった
もう注射しかないとチュラロンコン大学病院に駆けつけあっちこっちたらい
回しにされた後「注射だ」とボデイランゲージで訴えたが
なぜか点滴をされてしまった
そのおかげじゃないだろうが熱は42度まで跳ね上がりこれは尋常ではない
タニヤ通り雑居ビル7階のエスポという俺が汗を掻いたサウナの支配人は
確か日本人だった
その男に頼んで日本語の話せる医師を紹介してもらったのだが
それがちょっと前の首相と同じ名前を持ったピブンで
君は腸チフスだとのたまうたのだ
ノービザでは2週間しか滞在できないのであさってには
マレーシアへ脱けねばならない
だが俺は一応腸チフスの身だ
ガイドブックがいうマレーシアホテルエリアにあるナントカカントカゲストハウスの
女経営者が何かと親身になってくれ
俺は1週間滞在延長の許可を得た
まあそのあと汗まみれの「シーツを替えてくれ」の一言が言えずに宿を
替えてしまったのだったが
さて薬を飲み切った2週間後俺はマラッカにいた
体調はすこぶるいい
つい食い過ぎてしまいホテルまでの我慢がきかず道端の
物陰に隠れ野グソをキメテしまった
熱も完全に下がったことでもあるしそいつに菌は
ないと思うのだが


走る酔っ払いよも助がうたう

拍手[1回]

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP